重要事項説明書ってなに?

重要事項説明書について

 

重要事項説明書とは、対象となる物件の物理的状態・権利の状況や取引条件などの重要な事項を、宅地建物取引士が買主や借主に詳しく説明する際に用いる書面のことです。

 

不動産を売買・賃貸・交換する際に配布され、売買の場合は、売買契約を締結する前に配布されます。

 

 

重要事項説明書を配布し、説明することが義務となっている理由は、不動産は重要な財産となることが多いため、取引する相手にしっかりと物件について理解してもらい、売買契約や賃貸借契約を締結した後に、物件の状態や特約などの条件に関して、トラブルが起こらないようにするためです。

 

 

 

また、不動産に詳しくない買主様は、知識や経験がどうしても十分ではないことが多いため、知らないうちに損害を被る可能性があります。

 

そのため、専門的な知識や経験を持つ宅建業者に説明する義務を課すことで、物件を購入なたは賃貸する上で、重要な事項について、しっかりと買主が説明を受けて理解をし、公正な取引を行うことができます。

 

どんな内容なのか

重要事項説明書には、少なくとも14項に渡る事項を記載する必要があると規定されています。

それらの項目は、大きく「物件に関する事項」「取引条件に関する事項」の2つの内容に分けられます。

 

物件に関する事項では、登記の内容や排水施設の整備状況(水道や電気やガスなど)、私道の負担に関する事項や、政令で定められる物に関する事項などの物件そのものに関する内容が説明されています。

 

この部分は、将来を建てる場合や売却する際にとても重要になってくる部分です。

 

例えば、政令で定められる物に関する事項について、何か制限があった場合は、建築物の高さに制限があったり、店舗を建てられなかったりする可能性が出てきます。

 

取引条件に関する事項では、主に支払う金額や契約に関する事項が記載されています。

金額については、物件の代金以外に支払いが発生する部分もあるので、この部分はとても慎重に確認する必要があります。

 

また、固定資産税の精算額についての内容も含まれます。

固定資産税は日割りで計算をし、売り主と買い主の両方が負担することがほとんどです。

しっかりと具体的な金額が書かれているかどうかを確認することが重要です。

 

取引条件に関する事項で特に重要な確認ポイントは、

「契約の解除に関する事項」と「損害賠償額の予定または違約金に関する事項」です。

 

この事項の内容をしっかりと説明してもらうようにしてください。

 

 

Access

他の都道府県とは異なる不動産のことにも精通しお客様をサポートします

概要

店舗名 株式会社ダルマ
住所 沖縄県那覇市泊3-7-14 国際貿易ビル5F
電話番号 098-963-6595
営業時間 10:00〜19:00
定休日 年末年始

アクセス

地域ごとに、不動産のこと情に特色はありますが、他の都道府県と完全に離れている島は特に独特のこと情があります。しかし、地元密着型の事業者であれば、地域ならではのこと情もしっかりと把握して、サービスを行えます。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事