News

所有権と借地権

「所有権と借地権」

 

権という言葉がつくと複雑そうで意味を掴みづらいかもしれませんが、漢字のごとく「所有しているのか」「借りているのか」というそのままの意味で使用されます。

 

そして、ほとんどの不動産には所有権という権利がついてます。

 

この場合、土地も建物も自分自身のものとなるため、自由に使用したり、他人に貸したり、売却することができます。

 

 

これに対して、借りた土地の上に建設されたマンションの場合、建物は購入者の所有物ですが、土地は地主の所有となるため土地にかかる権利は借地権となります。

 

すなわち、地主から土地を借りている状態となります。

ですので、借地人は対価として地代を支払う必要があります。

 

地上権と賃借権

前のセクションでは、所有権と借地権の違いについてお話ししました。

このセクションでは、借地権について少し詳しくお話ししたいと思います。

 

借地権には、「地上権」と「賃借権」の2つの権利があります。

どちらも建物の所有を目的として、土地を借りることができる権利ですが、大きく異なる点が存在します。

 

それは、自分の権利を第三者に主張できるかできないかということです。

 

地上権という権利は、すべての人に対してその支配を主張することのできる絶対的な権利です。

ですから、地上権が設定されている土地の場合、地主の許諾がなくても、貸したり売却したり抵当権を設定するこが可能です。

 

それに対して、賃借権の場合は特定の相手(この場合は地主)に対してのみ主張できる権利なため、第三者(地主意外の人)には権利を主張することができません。

 

そのため、土地の売却や建替えをする際には、地主の許諾を得ずに勝手に行うことはできないということになります。

 

このように、借地権の種類によっても内容は異なっていmす。

それぞれの内容を把握して適切な契約を結ぶことが重要です。

 

その他、疑問点やご質問等ございましたらお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

Access

他の都道府県とは異なる不動産のことにも精通しお客様をサポートします

概要

店舗名 株式会社ダルマ
住所 沖縄県那覇市泊3-7-14 国際貿易ビル5F
電話番号 098-963-6595
営業時間 10:00〜19:00
定休日 年末年始

アクセス

地域ごとに、不動産のこと情に特色はありますが、他の都道府県と完全に離れている島は特に独特のこと情があります。しかし、地元密着型の事業者であれば、地域ならではのこと情もしっかりと把握して、サービスを行えます。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事